ミセスブラウス

50代 夏のブライダルゲストブラウス

友人の立場として結婚式に呼ばれていた20代の頃。
それからしばらくは参列することもなくなっていたけれど、久しぶりに招待状が。
50代の今は親族の立場。どんな装いをしたらいいの?

そんな風にお困りの方におすすめの、夏のブライダルにぴったりのブラウススタイリング。

きちんと感は押さえつつも、硬くなりすぎないのが夏の装いのポイント。
品の良いブラウスは、年齢を重ねた今だからこそ大切にしたい、さりげないおしゃれ感の出せるアイテムです。

まぶしい光の中、お祝いの気持ちとともにぜひ笑顔でお出掛けください。

Point

夏のブライダルスタイリングに最適な5つのポイント

すっきりとした襟の空き具合。
適度に腕をカバーできる七分袖はほのかな透け感があり、ほっそりと女性らしく見せてくれます。

風をはらむ着流しジャケット風デザインから、カシュクールタイプに変化。
ボトムによってイメージを変えることができます。

シンプルなアイテムだからこそ、アクセサリーで個性が表現できます。
結婚式には大振りのコサージュで華やかに。食事会にはネックレスで清楚に。
シーンに合わせたアクセサリーを添えることで格式もアップします。

式場で着替えるのは大変。けれど大げさな格好で電車に乗るのはちょっと・・・
ブラウスなら夏でも涼しくて自然。だから自宅から式場へそのまま向かえます。

親戚の結婚式は遠方に出向くことも多いもの。
ブラウスならコンパクトでシワにもなりにくく、移動時も快適です。

Material

涼しく気品あふれるフォーマル素材

カシュクール風にもアレンジできるフォーマルブラウス(1406843-03-09)

ライトなアイテムだからこそ、素材は上質感を大切にセレクト。

ほのかなラメをあしらったレースや、透け感が涼しげなシフォンは肌をキレイに見せてくれ、1枚でも表情豊かなスタイリングを叶えます。